BELL 505 JET RANGER X

ヘリサービスが、ベル505ジェットレンジャーXの購入契約を締結

【HAIヘリエキスポ2017|ダラス|2017年3月9日】 米国テキストロン社(NYSE:TXT)傘下のベルヘリコプターは、栃木県に本社を置く株式会社ヘリサービス がベル505ジェットレンジャーXの購入に同意したことを公表しました。新しいヘリコプターは、主に農薬散布で活躍することになります。ベル505はすでにヘリサービスが展開している7機のベル206に加わって、同社の事業をいっそう強化します。ヘリサービス株式会社の代表取締役社長を務める松岡隆二氏は次...

15 March 2017

ヘリサービスが、ベル505ジェットレンジャーXの購入契約を締結

HAIヘリエキスポ2017|ダラス|201739 米国テキストロン社(NYSE:TXT)傘下のベルヘリコプターは、栃木県に本社を置く株式会社ヘリサービス がベル505ジェットレンジャーXの購入に同意したことを公表しました。新しいヘリコプターは、主に農薬散布で活躍することになります。ベル505はすでにヘリサービスが展開している7機のベル206に加わって、同社の事業をいっそう強化します。ヘリサービス株式会社の代表取締役社長を務める松岡隆二氏は次のようにコメントされました。

「保有する7機のベルヘリコプターは、もう何年にもわたって我が社の事業を支えてきました。ですから業務を拡大するにあたって、ベルヘリコプターをもう1機増やすという決断はとても自然なものでした。性能も充分で先進テクノロジーも完備したベル505 を加えることで、理想的な設備の拡大ができ、導入のコスト効果にも満足しています」

ヘリサービスは2008年に創業し、航空写真サービス、一般ヘリコプターツアー、チャーターフライト、農薬散布などの業務を提供しています。 

ベルヘリコプター代表取締役社長のリチャード・ソーンリーも次のように述べております。

「ベル505は、これまでも世界中のヘリコプター市場であたたかく迎えられてきました。ベル505は多用途に対応できる充分な性能を持ったヘリコプターなので、さまざまな業務での活躍が可能で多くの期待に応えられるものと確信しています。従いまして、長年ご愛顧いただいているヘリサービス株式会社様に、新しい機体をお届けできる日を楽しみにしています」

ベル505の性能は、最高巡航速度は時速232km(125ノット)、最大航続距離667km(360海里)以上、有効搭載量608kg(1,500ポンド)。安全性や操縦性の面においても新型機として大きな価値をもたらすヘリコプターです。顧客の要望をもとに実績のある最先端システムとスタイリッシュなデザインを融合させ、安全性、パフォーマンス、リーズナブルな価格といった特長を前面に打ち出しています。ガーミン社製G1000H統合型アビオニクス・スイートによって、パイロットは重要な飛行状況をひと目で把握できるようになりました。また、ターボメカ社製アリウス2Rエンジンを制御するデュアルチャネルの全デジタル式電子制御(FADEC)も、パイロットの負担をより一層軽減してくれます。

【広報窓口】

BLAKELEY THRESS

+1 817-280-2968 (米国テキサス州)

Media Kit